2010年10月31日

パールタティングのネックストラップ2種

タティング用の鈎針は首から下げられる様になっている。
今までそこら辺の紐に通して使ってたので、ここらでちゃんと作ってみよう!と制作。



鈎針はカニカンを付けて取り外し式にした。
真ん中のリングはメタルパーツとして売られてた物。
ちょっと指輪っぽい。
試しに小指を入れてみたら、入った…ピンキーリングサイズ。
厚みもあってしっかりしたパーツなのでグラスホルダーにも良さそう。
あ、でもグラスホルダーならもっと短いストラップがいいかな。
(このストラップは鈎針で作業する事を考えて長めの40cm)



ただのパールタティングの紐、という極限にシンプルなデザインにしたのには理由が…。
以前鈎針を首から外し忘れたまま電車に乗った事があったので、またやりかねないと思って(笑)。



【糸】
黒:都羽根 絹穴糸 黒
寒色ミックス:オリムパス 金票レース糸 #40 M14
【サイズ】
各40cm
【パターン】
ひたすらパールタティング

web拍手
posted by アキ | Comment(0) | 手芸

2010年10月25日

クロバータティング用品パッケージの再現モチーフ



タティング用のかぎ針を買って、パッケージを捨てようとした時にふと思い立って作ってみた。
クロバーのツノ無しシャトルかぎ針No.8かぎ針No.12のパッケージに使われているデザイン。



パッケージなので捨てるつもりで開けて台紙が破れてるけど…(笑)。
矢印部分は、タティングで再現するには構造上無理がある部分。
ここは糸と同色の特小ビーズで無理矢理それっぽく…。

タティングの目だけでは不可能なこのデザイン、恐らくタッターじゃない人が考案したんだろうな〜。
他にも、中心部分のリングはチェインの上に乗ってるかの様に描いてあるし、一番外側のリングとチェインもあまり一般的じゃない気がする。
一般的には最終段は、チェインの上にリングを作る構造で、チェインはもっと曲線になるんじゃないかと思うの。
でもここは直線的に描いてあるのでチェインの芯糸でリングを作る事にしてそれっぽく再現!



糸:オリムパス金票レース糸#40
ビーズ:特小
サイズ:直径7cm
パターン:クロバーのパッケージデザインを基に目数や手順を自分でアレンジ

**********

これと同じモチーフをバースデーカードにして、いつもお世話になっているタティングの先輩にお送りしました。
送った私の方が嬉しくなる様な記事をブログに書いて下さっているので、ご紹介します♪

棗の日記」内の「羅針盤」という記事です。
http://ameblo.jp/natsumediary/entry-10673991463.html

棗さん、ありがとうございました!

web拍手
posted by アキ | Comment(2) | 手芸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。