2010年10月31日

パールタティングのネックストラップ2種

タティング用の鈎針は首から下げられる様になっている。
今までそこら辺の紐に通して使ってたので、ここらでちゃんと作ってみよう!と制作。



鈎針はカニカンを付けて取り外し式にした。
真ん中のリングはメタルパーツとして売られてた物。
ちょっと指輪っぽい。
試しに小指を入れてみたら、入った…ピンキーリングサイズ。
厚みもあってしっかりしたパーツなのでグラスホルダーにも良さそう。
あ、でもグラスホルダーならもっと短いストラップがいいかな。
(このストラップは鈎針で作業する事を考えて長めの40cm)



ただのパールタティングの紐、という極限にシンプルなデザインにしたのには理由が…。
以前鈎針を首から外し忘れたまま電車に乗った事があったので、またやりかねないと思って(笑)。



【糸】
黒:都羽根 絹穴糸 黒
寒色ミックス:オリムパス 金票レース糸 #40 M14
【サイズ】
各40cm
【パターン】
ひたすらパールタティング

web拍手
posted by アキ | Comment(0) | 手芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。