2010年12月06日

タティング リングで糸始末の補足

こちらの記事の補足です

昨日記事をUPした、8時間後。
デメリットだと思っていた50cmのロスをゼロに出来る事が発覚。
単純に、玉巻糸を切らずに作るという、ただ、それだけ…。


この状態で糸を切らずにスタート。


リングを締めた後で糸を切れば、捨てる部分がゼロに!

教訓。
一、思い込みは盲目。
一、短所と長所は表裏一体。

あと、別のデメリットに気付いた。
一旦引き締めた後は、リングを開けて解く事が出来ない。
シャトル側の糸を針とかで緩めれば解く事は可能なので、これはそんなに大きなデメリットではないと思う。

web拍手
posted by アキ | Comment(0) | 手芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。