2011年02月06日

再挑戦パターンで段染めマルチカラードイリー

ネックストラップを作って残った糸で何か作りたくて去年作ったドイリー。

20110206-01.jpg
糸:オリムパス 金票レース糸 #40 M14
パターン:かわいいタッチングレース/藤重すみ(55頁)
サイズ:直径20.5cm

何年も前に挫折したパターンに再挑戦してみた。
挫折の理由は、作って行く内にどんどん波打って行った事。
私はピシッとフラットなタティングが好きで、しかも作ってる最中もフラットなパターンが好きなので、波打って来ると途端にテンションが下がって投げ出してしまった(苦笑)
仕上げの糊付けが嫌い(面倒で…)というのも大いにあったりする…。

そこで。
邪道だけど。
今回は目数と繋ぐ位置を調節する事にした。
どこをどう調節したらフラットになるか、予め100均の糸で試してから本番を作る事に。
手間が倍になっても作ってる間の楽しさを私は選ぶよ!(笑)

20110206-02.jpg

色々調節したのと仕上げの違いで本の作品写真より曲線多めな仕上がり。
仕上げは軽いアイロンだけ。とってもお手軽(笑)

web拍手
posted by アキ | Comment(0) | 手芸

2011年01月22日

タティング用品パッケージの元デザイン

以前の記事
クロバータティング用品パッケージの再現モチーフ

先週、何気なくタティングの本を見ていたら、これは!!ってパターンを発見した。
早速以前作ったモチーフと同じ糸でそのパターンを途中まで作ってみた。

20110122-01.jpg

糸:オリムパス金票レース糸#40
パターン:タッチングレース/藤戸禎子(45頁)
サイズ:直径6.5cm

本を見れば見る程、あーここは本来こうだったのかーと妙に納得。
パターン→デザイン→復元という段階を経てちょっとした別モノになってる(笑)

20110122-02.jpg

右下に糸が出てるのは、このパターンに続きがあるから。
本に依ると、絹穴糸で作って直径18cmになるパターンなのでまだ半分も行ってない。
完成したらまた違う印象になりそうだな〜。

web拍手
posted by アキ | Comment(0) | 手芸

2011年01月09日

絹穴糸のモチーフ繋ぎドイリー

20110109-01.jpg

何年も前に作ったドイリー。
初めての絹穴糸で色数の多さに浮かれ、濃い水色と薄い灰色を買って作った。

途中飽きて放置期間があったりで、糸の使用量が不明…ちゃんとメモしておけば良かった。
残ってる糸は写真に写ってるDMCの糸巻きに巻いた分だけ。
絹糸なので大事に使おうとして却って使えずにいる(笑)。

20110109-02.jpg

【糸】
水色:都羽根 絹穴糸 171
灰色:タイヤー 絹穴糸 28
【パターン】
やさしいタティングレース/雄鶏社 P36
【サイズ】
直径約24cm

web拍手
posted by アキ | Comment(0) | 手芸

2010年12月06日

タティング リングで糸始末の補足

こちらの記事の補足です

昨日記事をUPした、8時間後。
デメリットだと思っていた50cmのロスをゼロに出来る事が発覚。
単純に、玉巻糸を切らずに作るという、ただ、それだけ…。


この状態で糸を切らずにスタート。


リングを締めた後で糸を切れば、捨てる部分がゼロに!

教訓。
一、思い込みは盲目。
一、短所と長所は表裏一体。

あと、別のデメリットに気付いた。
一旦引き締めた後は、リングを開けて解く事が出来ない。
シャトル側の糸を針とかで緩めれば解く事は可能なので、これはそんなに大きなデメリットではないと思う。

web拍手
posted by アキ | Comment(0) | 手芸

2010年12月05日

タティング リングで糸始末

我流の糸始末方法をご紹介。

<注意>
使える場面が限られてます。
糸が50cm位無駄になります。
→解決しました。補足記事をどうぞ。

概要は、こんな感じ。

左が普通のリングの図で、右が今回作るリングの図。
※●…シャトルに繋がっている方
※★…糸端

手順は以下の通り。

【i】リングを作る糸を掛ける時、二重に巻く。


【ii】スプリットリングの要領で、左手の糸を芯にしてシャトルの糸で6目ピコ6目のリングを作る。
※スプリットスリングの時と違い、表の半目→裏の半目の順で作る。

【iii】糸端を@の方向に引く。


【iv】二重の輪の片方が縮まるので、縮まった方の輪をAの方向に引く。


【v】@で引いて小さくなった方の輪が広がり、他方の輪が縮まった状態でBの方向に糸端を引く。


【vi】Bで引いて縮まった輪(小さい方)をCの方向に引いてリングを締める。


【vii】糸端をDの方向に引き締める。


【viii】糸端をギリギリで切る。
※シャトル側の糸を切ってしまうと解けるので注意。


動画も撮ったので参考までに。
※動画では【iv】あたりが若干違う感じになってますが…もう撮り直し&編集の元気が無いのでこのままで(苦笑)


紹介しておきながら、実はこの糸始末方法、あまり使ってない…。
最初に書いたデメリットの、使える場面が限られているというのが大きな理由。
始め側のリング(A)には使えても、終わり側(B)には使えない。

でも、まぁ、糸端一本でも縫い込む回数を減らしたい!って時にはいいかな(笑)

web拍手
posted by アキ | Comment(0) | 手芸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。