2010年10月31日

パールタティングのネックストラップ2種

タティング用の鈎針は首から下げられる様になっている。
今までそこら辺の紐に通して使ってたので、ここらでちゃんと作ってみよう!と制作。



鈎針はカニカンを付けて取り外し式にした。
真ん中のリングはメタルパーツとして売られてた物。
ちょっと指輪っぽい。
試しに小指を入れてみたら、入った…ピンキーリングサイズ。
厚みもあってしっかりしたパーツなのでグラスホルダーにも良さそう。
あ、でもグラスホルダーならもっと短いストラップがいいかな。
(このストラップは鈎針で作業する事を考えて長めの40cm)



ただのパールタティングの紐、という極限にシンプルなデザインにしたのには理由が…。
以前鈎針を首から外し忘れたまま電車に乗った事があったので、またやりかねないと思って(笑)。



【糸】
黒:都羽根 絹穴糸 黒
寒色ミックス:オリムパス 金票レース糸 #40 M14
【サイズ】
各40cm
【パターン】
ひたすらパールタティング

web拍手
posted by アキ | Comment(0) | 手芸

2010年10月25日

クロバータティング用品パッケージの再現モチーフ



タティング用のかぎ針を買って、パッケージを捨てようとした時にふと思い立って作ってみた。
クロバーのツノ無しシャトルかぎ針No.8かぎ針No.12のパッケージに使われているデザイン。



パッケージなので捨てるつもりで開けて台紙が破れてるけど…(笑)。
矢印部分は、タティングで再現するには構造上無理がある部分。
ここは糸と同色の特小ビーズで無理矢理それっぽく…。

タティングの目だけでは不可能なこのデザイン、恐らくタッターじゃない人が考案したんだろうな〜。
他にも、中心部分のリングはチェインの上に乗ってるかの様に描いてあるし、一番外側のリングとチェインもあまり一般的じゃない気がする。
一般的には最終段は、チェインの上にリングを作る構造で、チェインはもっと曲線になるんじゃないかと思うの。
でもここは直線的に描いてあるのでチェインの芯糸でリングを作る事にしてそれっぽく再現!



糸:オリムパス金票レース糸#40
ビーズ:特小
サイズ:直径7cm
パターン:クロバーのパッケージデザインを基に目数や手順を自分でアレンジ

**********

これと同じモチーフをバースデーカードにして、いつもお世話になっているタティングの先輩にお送りしました。
送った私の方が嬉しくなる様な記事をブログに書いて下さっているので、ご紹介します♪

棗の日記」内の「羅針盤」という記事です。
http://ameblo.jp/natsumediary/entry-10673991463.html

棗さん、ありがとうございました!

web拍手
posted by アキ | Comment(2) | 手芸

2010年07月10日

タティングモチーフのフレーム

前々から、作ったミニモチーフをフレームに入れてみたいと思っていたのをようやく実行。

.jpg
twitterのアイコンに使った物とかもあって、アイコン集みたい(笑)


フレームは100円ショップによくあるやつ。
ベースは紙の代わりにフェルトを使った。
モチーフはフェルトとアクリル板で挟んで固定しているけど、フェルトに縫い付けて固定してアクリル板を使わないという手もある。
立体モチーフとかでやるといいかも。

このフレームを作る為にハート以外のモチーフは作り直した。
元々作っていたモチーフのサイズがバラバラだったので、糸の番手を変えてサイズを合わせる事に。

【糸】
・ハート…オリムパス金票レース糸#40
・十字架…DMCスペシャルダンテル#80
・雪の結晶…オリムパス金票レース糸#50
・王冠…オリムパス金票レース糸#70
・桜…オリムパス金票レース糸#50
・猫…オリムパス金票レース糸#70
【パターン】オリジナル
【フレームのサイズ】外寸7.7cm角/内寸5cm角

左上から考案した順に並べてみた。
ハートは確か2002年頃で、猫はつい先月考案(笑)
ちっちゃい物大好きなのでもっと増やしたいな〜♪

web拍手
posted by アキ | Comment(4) | 手芸

2010年06月05日

段染め絹レース糸のドイリー



糸:大黒絲業 絹レース糸 段染め 4 緑系こびとやさんの通販で購入)
パターン:Ring!Ring!Ring!!ON THE SUNNY SIDE OF THE STREETさんより)
サイズ:直径14.5cm


糸は今年の5月から発売開始の新商品で、絹糸で段染めというレア感に惹かれ緑系を購入。
色味は想像よりもやや淡くて私好みだった…ラッキー!
絹の光沢のせいか、写真を撮る度に違う色に写るので加工ソフトで色を調整してはみたけれど、写真以前に肉眼で見ても自然光と蛍光灯と白熱球とで色が違うので(朝か夜か晴れか雨かでも違う)「こんな色」と言い切れない。
これぞ絹糸の魅力(笑)。
段染めの青系とどちらにするか迷って緑系を買ったので次は青系が欲しい…!

縒りはパッと見は絹穴糸と変わらない感じだけど、絹穴糸よりも縒りが取れにくいと言うか、取れても元に戻り易い気がする。
何よりカード巻きの穴糸の折り癖が無い所と、80m巻きという所が魅力(穴糸は16m巻き)。
シャトルに大体15m位巻けるので、今回はシャトル二つに繋げたまま巻けて糸始末が一ヶ所減らせた♪



パターンはフリーパターンで、スプリットリングで糸を切らずに進められるという素敵なパターン。
(糸始末を減らす為にはどんな努力でもするよ派)
リングを作る順番に気を付けてはいたけど、途中間違えて解く事数回。
え、間違えた!?…いやいや合ってる、みたいな事も何度もあってなかなかスリリングだった(笑)。
作ってる最中はちょっとヒラヒラしてフラットでは無かったので仕上がりが心配だったものの、軽いアイロンだけでほぼ平らになってくれて良かった。
メイン部分を茶色、外周を黄色で作ってヒマワリみたいにしても可愛いかも。

web拍手
posted by アキ | Comment(4) | 手芸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。